アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談

20代に貧乏旅行が流行った時期がありました

女性 43歳
20代に貧乏旅行が流行った時期がありました。
私もバックパッカーとして、アジア方面を長く旅行したことがあります。
カンボジア、タイ、バンコクと巡った中で、特に思い出深いのが、カンボジアのアンコールワットです。
首都のプノンペンから少し遠いのですが、そこまで友人の車で行きました。
すごいデコボコの道が続いて、まだ道路整備が整う資金が足りないのだと思うと、複雑な気持ちでした。

カンボジアは内戦が長く続いたので、道中には戦時中の名残が色々見られます。地雷注意の看板など、とても怖かったですが、まだ、埋められたままの地雷が残っていて、撤去できてない事実に驚きました。
現地はとても暑く、飲み物のココナッツなどで喉を潤しながら、遺跡を見学しました。

アンコールトムとアンコールワットと、どちらも今見ておかないと木で全てが覆われてしまうような、貴重な遺跡でした。
カンボジアの暑さと、あの独特の香りが不思議な空間を作り出しています。あの経験はとても貴重でした。

学生時代、アジア方面へ貧乏旅行して貧乏旅行した経験があります

女性 44歳
学生時代、アジア方面へ貧乏旅行して貧乏旅行した経験があります。
タイに友達と行ってきました。
安い航空会社とのパッケージツアーでした。
タイは、英語があまり通じませんので、ツアーで添乗員さんがいた方がいいと思い選びました。
タイは物価が安いので、お土産も沢山買ったことを覚えています。値段交渉を頑張ったら、かなり安くしてくれました。
私は関西人なので、値切ることに違和感がなかったのですが、それでも海外では無理かなと思っていたものの、言ってみるものです。

タイは、他にもアユタヤの方に行ってみました。
青い空に金色の像が映えていてとても綺麗でした。
ちょうど雨季だったのですが、何故か晴天ばかりで写真も素晴らしいものになりました。
雨季だから安かったみたいですが、雨もたまに弱いシャワーみたいなのが降るだけで、ちょうど暑いのが涼しくなって気持ちが良かったです。
サンダルでも足が濡れないくらいの雨でした。

関連キーワード

Copyright (C)2016アジア方面へ貧乏旅行してきた体験談.All rights reserved.